読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「今日はプレゼンだ!気合入れて行くゾ!!」は終わってるヤツ

■ 「今日はプレゼンだ!気合入れて行くゾ!!」は終わってるヤツ ■

 

私が「ある大企業の100%出資子会社」で

プロジェクトに参加した時の事です。

 

上司A様は、

他者の意見を受け入れるとても寛大な人でした。

 

「そのやり方」で「その立場」まで登り詰めたのは、

誰にでも良くわかる事でした。

 

ただ、私とは180度真逆なプレゼンの仕方が「標準」の人でした。

 

私はプレゼン用に「資料データ」を完成させ、

自信満々の「完璧な傑作」だったのですが、

 

上司A様に、

クライアントに「メールの添付ファイル」を送る際、

2つ条件を説明し、

 

「こういったメールは送らないでください。」

 

と頼みました。

 

上司A様は、寛大にとても親切に

 

「わかりました、それで行きましょう。」

 

と言ってくれて、

 

"ビジネス ゲリラ"の私としては、

『これでこのプレゼン取った!』と確信。

 

しかし、上司A様は「資料の添付メール」を送信してすぐに私の所に来て、

 

「言われた通り、そうしましたよ、ホラ見てください。」

 

と自分の「送信済みメール」を見るように促したので、

覗き込んだ所、速攻でこう付け足しました。

 

「ただ、どうしても自分の書き方も反映してしまいました(苦笑)」

 

それを見て、私は「…あ、…はぁ(はい)…」。

 

送信済みのメールではもう手遅れでした。

 

「頼んだ事 + やらないでくれと言った事」の両方が

混在するメールでした。

 

その後3ケ月一緒に仕事をしましたが、

 

上司A様から二度とそのプレゼンについての話は出ず、

もちろん、可否も沈黙のまま。

 

そして私はプロジェクト契約を切られました。

 

貴方は今、こう思いましたね、

 

「メールの一つくらいでポシャるアイデアなんて、

結局その程度なんだよ!人のせいにするんじゃネーヨ!」

 

実はプレゼンは、

高校野球の決勝戦と同じで、

たった一つの失投やエラーで勝負が着くんです。

 

 詳細は下記「メールマガジン」で・・・

 

■ メールマガジン発行 ■

 

 「~ 企画ゲリラ のススメ ~」

 http://archive.mag2.com/0001612362/

  (まぐまぐ発信)

 

 「絶対負けない"ビジネス ゲリラ"の秘密の戦術!」

 http://melma.com/backnumber_197204/

  (melma発信)